NEWS

​Tyrone Hashimoto "Return Of Samurai Soul"

8/21.2020

In 1988, Tyrone Hashimoto released his first all English soul album,

Moments of Love, He debuted it in Seattle with a live concert

and took Seattle media by storm.

If you ask people who saw the significant media coverage

or knew Tyrone during that period, his big personality

and genuine warmth truly fit his identity as the Samurai Soul Singer.

Tyrone, already a successful producer of music for commercialsin Japan, including an advertising campaign with the legendary James Brown, began writing and recording his R & B and Soul music, as well as covering artists that influenced his style. He found a home for what he was doing in Seattle.  Tyrone was welcomed with open arms by the soul, gospel, blues and jazz communities for his authenticity and real passion for the music.  His belief that when you love something so much, you do everything you can to make it part of your life, helped shape him as the Samurai Soul Singer.
 
In the course of digitizing Tryone’s music, new music was discovered that turned out to be a collection of Tyrone-penned originals from the mid-’90s, commissioned as three EPs to help launch the Japanese version of the Miata sports car called Eunos. Anyone purchasing the new vehicle received a Tyrone EP, perfect music for road trips in their new car.
 
With this newly discovered collection, long out of print, it was natural for Tyrone to release this music compilation by rekindling the spirit of Samurai Soul. It’s still what he does, it’s still the music that moves him, and represents his deep and enduring connection to Seattle, America and American Soul and R&B music.
 
Credits
Return of Samurai Soul (From the Vault - Miata / Roadster Collection)
Produced & Arranged by Tyrone Hashimoto
All songs were written by Tyrone Hashimoto except Party Tonight and Living Inside Your Arms lyrics by Suzanne K. Kim
Copyright 1994 & 1995 Teddy Bear Productions Japan



Go To "Return Of Samurai Soul"

>> Apple Music

>> Amazon Music

>> Spotify

 

【日本語訳】
1988年タイロン橋本は、全て英詞で書かれている初のソロアルバム “Moments of Love”をアメリカで出した。シアトルでのデビューライブは、全米に反響を巻き起こし、メディアを席巻した。彼の当時のアメリカメデイアでの活躍ぶりを聞き、当時のタイロンを偲べば、彼がサムライソウルシンガーという独自性を持つ、大らかな個性と本物の暖かさを備えた人物だという事がわかるだろう。

日本においてコマーシャル音楽の歌手、ナレーター、作家、プロデユーサーで既に名を成していたタイロン橋本であったが(ソウル界のレジェンド、ジェームズ ブラウンともUCC CoffeeのCMで共演した。)彼はそれに満足せず、R&B,Soulのスタイルの自作曲を書き始め、それと同時に彼のスタイルに影響を与えたアーティストのカヴァーも始めた。そして彼の音楽の必然性をシアトルでの活動から見出した。彼の音楽の正統性と情熱により、アメリカのSoul、Gospel、BluesそしてJazzのコミュニティーは大きく手を広げ、彼の音楽を歓迎するに至った。何かを愛するのであれば、自分の全てを尽くしてその愛するものを己の人生の中に取り入れてしまうというタイロンの信念が、Samurai Soulとして結実したのだ。

タイロンの作品をデジタル化するに際し、90年代半ばに彼が書いた公式未発表の曲が発見された。それらは
ロードスターというスポーツカー(アメリカではMiataと呼ばれていた。)を製造していたマツダ自動車ユーノスブランドに委託されて製作した販促用の3枚のCDの収録曲である。ユーノスブランド新車購入者全てに、ドライブ旅行に最適のタイロンのCDが贈呈されるというものだ。

新発見されたタイロンのコレクションが、(長い間一般販売されなかったが)、Samurai Soulの精神に再び灯を点す為に、タイロンにより今回セレクトされ、コンピレーションアルバムになったことは、必然的である。何故なら、それらの曲は、彼が現在もやっている音楽であり、今でも彼が感動する音楽であり、彼が深く洞察し、努力を重ねて築き上げた、シアトル、アメリカ、そしてアメリカのSoul, R&Bとの関係を象徴する音楽そのものだからだ。


Credits
Return of Samurai Soul (From the Vault - Miata / Roadster Collection)Produced & Arranged by Tyrone HashimotoAll songs were written by Tyrone Hashimoto except Party Tonight and Living Inside Your Arms lyrics by Suzanne K. KimCopyright 1994 & 1995 Teddy Bear Productions Japan

 

"Return Of Samurai Soul" はこちらから

>> Apple Music

>> Amazon Music

>> Spotify

※日本語版は下記にあります

© 2020 Teddy Bear US. and Japan.